ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 情報システム技術科 > 【在学生の声】2008(H20)年度入学 O.T.さん 女性 (第一)

【在学生の声】2008(H20)年度入学 O.T.さん 女性 (第一)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月23日更新

 ソフトウェア技術を習得すれば女性の活躍の場・機会も増える

今は、携帯電話からインターネットを利用し、世界中の人とも交流できる便利な情報化時代です。技術短大の良さは学んだことが将来の仕事に活かせることです。私は、ソフトウェア技術を習得すれば、社会に出て女性の活躍の場・機会も増えると思い、情報映像技術科を選びました。情報映像技術科では、ソフトウェアの授業・実習が一番充実しているだけでなく、基本から応用まで、幅広く学べます。先生方もオープンでわからないことも自由に聞ける雰囲気があります。学校でパソコンを使って実習することが多いので、自然に文章を書いたり、自分のホームページを作ったり、プログラムを作ることができるようになっていきます。最後に、学校生活の時間は短いので、好奇心を持っていろんなことに挑戦したいと思っています。

(学校案内パンフレットにお寄せいただいた原稿より掲載させていただきました)

※(旧)情報映像技術科は平成25年度の学科再編で(新)情報システム技術科となりました