ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 情報システム技術科 > 【卒業生からのメッセージ】 2009(H21)年度卒 S.A.さん 女性

【卒業生からのメッセージ】 2009(H21)年度卒 S.A.さん 女性

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月23日更新

株式会社オーロラユニオンで活躍されているS.A.さんからメッセージをいただきました。

 

充実した学校生活で得たものが今の仕事に十分生かされています!

 私は株式会社オーロラユニオンという会社で、Webシステムのソフトウェアを設計し、正しく動作するかをテストする仕事をしています。お客さまのご要望に応えるためには幅広い知識が必要で、常に学んでいかなければなりませんが、日々新鮮で楽しく、自分が作成したプログラムが社会の中で役に立つと思うと、責任と共に大きなやりがいを感じています。

 県技短では大学の4年分の授業を2年間で学びます。2年短くても、専門的な内容を講義で学び、さらに実習を行うことで理解を深めることができ、十分な基礎を身に付けることができまいた。在学中に学んだVBやjavaの技術は、現在の仕事にも生かされています。

 私は高校では普通科だったので、県技短に入学した当初は技術的な知識が全くなく、不安でした。しかし、親身になって教えてくださる先生方や、一緒に切磋琢磨できる友人たちに恵まれて、何の問題もなく学ぶことができました。これから県技短に入る皆さんにも、良き先生、良き友人との出会いが待っているとおもいます。頑張ってください!

 

本校を進学先に選んだ理由は?

 高校の時、将来、パソコンを使ったものづくりをしたいと思うようになりました。2年間で講義と実習の両方が学べる充実したカリキュラムがあることが魅力でした。

 

在学時代の印象深い思い出は?

 学園祭の実行委員になり、夏休みも登校して準備しました。企画したり皆をまとめたりするのは大変でしたが、友人に支えられ、やり遂げた時の達成感は忘れられません。

 

入学してよかったなと思うところは?

 2年間で“即戦力”となる知識や技術を学べたことです。将来の夢に向かって一緒に頑張れる友人を作ることもでき、入学して本当によかったと思っています。

 

上司メッセージ

 ソフトウェアの開発、システムの設計・開発などを行っている会社です。SEやプログラマたちがその手に持った技術で、日々お客様のために業務に励んでいます。当社には県技短の卒業者が多数います。県技短出身者は学校で実践的な勉強を積んでおり、即戦力になりうる人材です。コンピュータを相手にすることが多い仕事ですが、実際はチームあってこそ、お客さまあってこその仕事。コミュニケーション能力は欠かせません。技術はもちろん、自分をしっかり表現でき、相手の意図をくみ取ることができる人材に期待しています。

 

(学校案内パンフレットにお寄せいただいた原稿より掲載させていただきました)