ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 情報システム技術科 > STAC2011にて審査員特別賞を受賞(情報通信技術科 梅田さん、濱武君)

STAC2011にて審査員特別賞を受賞(情報通信技術科 梅田さん、濱武君)

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年12月11日更新

情報通信技術科 梅田さん、濱武君がSTAC2011にて審査員特別賞を受賞 

  熊本県立大学主催 STAC2011 アプリケーション設計コンテストにおいて、情報通信技術科梅田さん、濱武君が、「審査員特別賞」を受賞しました。応募テーマは、「からこみゅ」で、ネットワーク上でカラオケを楽しむ機能を主とするコミュニケーションアプリケーションです。STAC2011は、Smart TV Application designer & developer Challenge in Kumamoto 2011の略で、Android端末であるブラウザBOX上で動作するアプリケーションの設計・開発を行い、そのアイディアを競うものです。熊本県下の大学・短大・高専・専門学校・高等学校の学生・生徒から応募を募りました。本学生は、1次審査を通過し、12月11日(日曜日)に開催された本審査(プレゼンテーション)にて評価され、受賞いたしました。
 
審査員特別賞受賞の画像1審査員特別賞受賞の画像2
左から
岩井校長、梅田さん、濱武君、牧岡先生、中嶋先生

  情報通信技術科では12月までに就職希望者全員の内定が決まっており、受賞者2名も就職が既に内定し日々勉学実験実習に励んでいます。この度の受賞を讃えますと共に、彼らの今後のさらなる活躍を期待します。