ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 教務学生委員会 > 平成26年度技短祭を開催しました。

平成26年度技短祭を開催しました。

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月7日更新

平成26年11月2日(日曜日)に本校キャンパスで「技短祭」と「オープンキャンパス」を開催しました。午前中は小雨の降る天候でしたが、開会と同時に、高校生や家族連れなど多くの方々に来場いただき、いつもは静かなキャンパスが終日賑わいました。

今年度のテーマは「希望~未来への挑戦」で、これには、技術者として希望を持って未来への挑戦を行う技術短大生の願いが込められています。 体育館では、学生が何日もかけて制作した看板をバックに、軽音楽部によるライブパフォーマンス、腕相撲大会、伝統のコンテスト等のイベントが繰り広げられ、技短祭を大いに盛り上げました。また、広場では、4学科の1年生、2年生がそれぞれ趣向を凝らした模擬店を出店し、元気のいい掛け声をかけていました。

 同時開催のオープンキャンパスでは、本校の教育内容を知っていただくために、来場者に学生が学科や自分の研究テーマ並びに成果の説明を行い、各学科の特色を生かしたネームプレート製作、ロボット操作、模擬授業等を体験していただきました。来場者は、時折質問を交えながら熱心に参加していました。

 また、ジョイント企画として、3Dプリントが手描きで行えるペンを用いた「ものづくり体験教室」(本校同窓会主催)、自ら組み立てたロボットを動かす「ロボット・プログラミング教室」(NPO法人HITOプロジェクト主催)を開催することができました。会場では、未来を支える子どもたちが目を輝かせてものづくりに熱中していました。

技短祭ポスター [PDFファイル/7.04MB]

ステージ

     軽音楽部によるライブパフォーマンス

学生

          技短祭の看板と学生

模擬店(1)

             模擬店

模擬店(2)

              模擬店

同窓会

ものづくり体験教室

同窓会

ロボット・プログラミング教室

オープンキャンパスの光景

模擬店(1)

         教育内容の紹介

模擬店(2)

教育機器の操作体験

3dプリンタ

 3Dプリンターの展示

説明1

学生による実演と説明

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)