ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精密機械技術の応用分野

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月10日更新

 精密機械技術科では、自動車・IC・電化製品等幅広い機械の「設計」、「製作」を担当できるエンジニアの育成を目指します。そのために、「工作機械」、「コンピュータ」を駆使した「精密機械技術」を磨きます。多くの先輩たちが、幅広い分野の「ものづくり」の世界で活躍中です。精密機械技術の応用分野を図に示します。

自動車、航空機、発電所のタービン、医療機器、産業機械用部品や精密機器部品、家電・日用雑貨の金型など、小さいものはミクロン単位、大きいものはダム、橋梁の構造物まで、世の中に存在するありとあらゆる製品は「工作機械」によって生み出されています。パソコン、携帯電話、自動車など身の回りにある様々な工業製品は、すべてCADで描かれた図面をもとに製造されています。

 同じ工業製品を精度よくたくさんつくるには、金型が必ず使用されています。金型とは、製品を早く安く均一に作るための金属でできた型のことを言います。自動車のボディのような金属製品は、プレス型と呼ばれる型で、板を押し付けて変形させて作ります。携帯電話等のようなプラスチック製品は、プラスチック型と呼ばれる型で、樹脂を加熱して溶かし型に注入して作ります。当科では、色々な工作機械を使い加工の基本から金型製作までの加工技術を学びます。材料は、金属(鉄、アルミ、チタン)、航空機や人工衛星などに使用される複合材、ガラス、セラミック、プラスチックなどの樹脂があります

 精密機械の応用製品