ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 精密機械技術科 > 機械加工技術コンテストでダブル入賞

機械加工技術コンテストでダブル入賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月9日更新

 「九州ブロックポリテックビジョン2011 機械加工技術コンテスト」の旋盤加工技術部門とフライス盤加工技術部門で、精密機械技術科1年江藤豊記君と皆越晋大郎君が共に第2位に入賞しました。
 おめでとうございます!

 機械加工技術は2時間30分以内に課題を作り上げる競技です。2名とも本格的に練習を始めた1月の段階では、5時間を越える作業時間でしたが、加工工程や使用工具を工夫することで、徐々に時間を短縮していき、今回の入賞となりました。

 機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像1

機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像2機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像3

機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像4機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像5

機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像6機械加工技術コンテストでダブル入賞の画像7