ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

精密機械技術科

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

精密機械技術科の画像1

イメージをデザインし創造するエンジニアの育成

学生の姿 

本県及び周辺には、自動車・IC・電化製品等各種機械の生産拠点が集積しています。そのため、自動車部品、精密機械部品および金型等を製造できるエンジニアが求められています。
 精密機械技術科では、機械設計製図、CAD/CAM/CAEおよび精密加工関連技術を習得し、自動車・IC・電化製品等の製造に携わる人材の育成を目指します。

精密機械技術の応用分野

教育の概要

 本県及び周辺には、半導体・二輪車・自動車等各種機械の大手メーカーの生産拠点が集積しており、特に、自動車部品、精密機械部品および金型等を製造できる技術者が求められている。自動車生産等のものづくりの原点である機械加工を基本として、機械設計製図、CAD/CAM/CAE および精密加工関連技術等を身に付けた機械技術者を育成する。

教育の内容

主な履修科目

機械設計製図の画像機械工学実験の画像制御工学実習CAD/CAM/CAE 実習の画像数値制御加工実習
機械設計製図機械工学実験制御工学実習CAD/CAM/CAE 実習数値制御加工実習
精密測定・品質管理の画像 精密機械の設計製作の画像
精密測定・品質管理

精密機械の設計製作

主な実験・実習装置

CAD/CAM/CAEセンタの画像マシニングセンタNC旋盤 ワイヤー放電加工機の画像NC型彫放電加工機 の画像
CAD/CAM/CAEセンタ マシニングセンタNC旋盤ワイヤー放電加工機NC型彫放電加工機

精密機械技術科からのメッセージ

今後、日本の製造業では高齢化が進み、技術者不足が問題となってきます。そのため、若いエンジニアを早急に育成する必要があります。精密機械技術科の「自分で思い描いた機械を自分の手で作り上げる」ことは、エンジニアの育成に必要不可欠であり、また、本科で学ぶ学生に大きな喜びを与えています。精密機械技術科で、設計から加工・組立および品質管理まで学んで、日本のものづくりに貢献できるエンジニアを目指しましょう。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)