ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 精密機械技術科 > 「技術者が一人で世界を変える時代の起業」 創業サポートセミナーを開催しました

「技術者が一人で世界を変える時代の起業」 創業サポートセミナーを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月21日更新
セミナー

技術者が一人で世界を変える時代の起業

~自由な発想で面白いアイデアをすぐ形にしよう~

 

平成27年7月15日(水曜日)、本校1年生を対象に、「創業サポートセミナー」を開催しました。

 

熊本県と一般財団法人熊本県起業化支援センターが主催する「学生発ベンチャー・夢挑戦ビジネス大賞2015 inくまもと」をサポートするセミナーです。

 

講師はフロンティアビジョン株式会社代表取締役渡邉直登社長で、「起業家になるということ」をタイトルに、顧客心理を掴む魅力的なプレゼンをいただきました。

 

渡邉社長は、21歳の若さで起業され、数々の苦難を乗り越え、ホームページ制作会社として熊本で確固たる地位を築かれました。その経営者ならではの経験を、社会経験がない学生にも大変分かりやすく講義していただきました。

 

起業への足がかりとして、MIRAI Seed Acceleration Programのコンテスト募集や、熊本市中央区下通にあるコ・ワーキングスペース未来会議室の紹介があり、「タイミング」と「実力」と「人を魅了する力」さえあれば、夢物語ではなく、現実味のある職業選択肢の一つとなりうることを実感することができました。

 

学生にとっての採用試験は、投資家から融資を受け、起業することに通じている、雇用形態はどうであれ、例え起業家にならずとも、一人ひとりが経営者になったつもりで働くことが大切である、御教示いただきました。

 

本校卒業生が起業家から代表取締役になる日も遠くはありません。

本日は、たいへん有意義な時間となりました。ありがとうございました。

渡邉社長