ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 総務学生課 > 平成22年度 技術短大運営推進協議会

平成22年度 技術短大運営推進協議会

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月1日更新

平成22年度 技術短大運営推進協議会が開催されました。

  平成22年11月24日(水曜日)、技術短大運営推進協議会が開催されました。

 この協議会は、企業、教育、行政の有識者で構成され、技術短大の活動に対する評価・意見をいただき、又、将来に向けた御提言をいただくため毎年開催しています。

 今年は企業側から石田委員(オーロラユニオン(株)代表取締役社長)、櫻井委員(櫻井精技(株)代表取締役社長)、佐藤委員(ソニーセミコンダクタ九州(株)熊本テクノロジーセンター総務部長)、高尾委員(中央電子工業(株)取締役工場長)、佐伯委員(東京エレクトロン九州(株)執行委員)、松本委員((株)プレシード 代表取締役)、神立委員(三菱電機(株)熊本工場工場長)、教育側からは両角委員(熊本大学工学部教授)、倉岡委員(熊本県立熊本工業高等学校校長)、行政側からは吉永委員(熊本県商工観光労働部産業人材育成課長)の出席をいただきました。

 はじめに、岩井校長が挨拶の中で、本校の課題である入学者の確保や就職先の確保、教育訓練の質の向上について、又、本校をとりまく環境の変化について報告しました。
 次に今回の議題、本校の現況、および本校の今後のありかたについて活発な協議があり、今後の短大運営に有意義な御提言を数多くいただきました。この協議会での御意見を今後の運営に反映させながら本校の発展に更に努めていくことを確認し、盛会のうちに閉会しました。

平成22年度技短大運営協議会の画像