ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 総務学生課 > 第10回若年者ものづくり競技大会で敢闘賞受賞!

第10回若年者ものづくり競技大会で敢闘賞受賞!

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月26日更新

7月25日~7月29日に、滋賀県と山形県を会場に開催された「第10回若年者ものづくり競技大会(中央職業能力開発協会主催)」において、

フライス盤部門に出場した精密機械技術科2年の川上 聖也くんと、機械製図(CAD)部門に出場した精密機械技術科2年の渡邉 裕介くんが

『敢闘賞』を受賞しました。

本日(8月26日)、メダルと表彰状が熊本県職業能力開発協会において授与されました。

ものづくり01

また、併せて県庁商工観光労働部長室において高口部長から「熊本県知事賞」が授与されました。

ものづくり3

若年者03

           渡邉 裕介くん          里中校長           川上 聖也くん

【受賞の感想】

◇フライス盤部門『敢闘賞』 川上 聖也くん(精密機械技術科2年)

本番は特に緊張もせず作成することができました。練習は1か月ほど前から毎日3時間放課後残ってやりましたが、

練習のときよりもうまくできたと感じました。今後さらに技能検定等に挑戦していきたいと思います。

◇機械製図(CAD)部門『敢闘賞』 渡邉 裕介くん(精密機械技術科2年)

 本番前は緊張していたのですが、始まると不思議と落ち着いて集中できました。これからもがんばって技術を磨い

ていきたいと思います。

 今回、本校からは5名の学生が参加しました。参加した学生の皆さんの益々の活躍を期待します。

 

●若年者ものづくり競技大会                           

若年者のものづくり技能に対する意識を高め、一人前の技能労働者に育成していくために、職業能力開発施設、

工業高等学校等において、原則として、技能を習得中の企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象に、

技能習得の目標を付与し、技能を競う場の提供として実施されています。

今年度は全国から14部門352名の参加がありました。

ものづくり4