ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 総務学生課 > 九州ブロックポリテックビジョン2015に参加しました

九州ブロックポリテックビジョン2015に参加しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月2日更新

 平成27年2月20日(金曜日)、21日(土曜日)の両日、九州職業能力開発大学校(北九州市小倉南区)で開催された「九州ブロックポリテックビジョン2015」に参加しました。
 本年度は、研究発表会、作品展示、機械加工技術コンテスト及びロボット競技会に、学生、教職員併せて約30名が参加し、卒業研究の時間や放課後に残って取り組んできた成果をそれぞれ披露しました。
 今回は、研究発表会で、精密機械技術科2年吉田重徳が「簡易3Dスキャナー装置の製作」により優秀賞、作品展示で、精密機械技術科2年中村祐太、杉村拓海が「カセット式射出成形金型の製作」により優秀賞、機械加工技術コンテスト旋盤の部で、精密機械技術科1年坂井励都が優秀賞、ロボット競技大会で、電子システム技術科2年池上史人、永田樹、櫨川絢斗、三浦考博がロボットKaron(カロン)を擁して3位という優秀な成績を収めることができました。

研究発表会(機械系)で優秀賞の吉田重徳

作品展示で優秀賞の杉村と中村

研究発表会(機械系)で優秀賞の吉田重徳作品展示で優秀賞の杉村拓海・中村祐太(右)
旋盤技術で優秀賞の坂井励都ロボット競技会3位のKaronチーム

旋盤技術で優秀賞の坂井励都

ロボット競技会3位のKaronチーム

 これまで取り組んできた成果を九州大会という大きな舞台で発揮できた学生も、また不本意ながら自分の力を発揮できず残念な結果となった学生もそれぞれ、貴重な体験の場となりました。


本年度の参加及び成果は以下のとおりです。

○研究発表

 「簡易3Dスキャナー装置の製作」 精密機械技術科2年 吉田重徳  結果:優秀賞

研究発表会で発表を行う情報システム科学生

 「医療画像用3次元表示ソフトウェアの製作」
  情報システム技術科2年 高瀬祐真、中村侑土(右)

○作品展示

カセット式射出成形金型の製作」精密機械技術科2年 中村祐太、杉村拓海 結果:優秀賞

作品展示を行った精密機械技術科学生

  「3Dプリンターの製作」
    精密機械技術科2年 大石優也、荒木貴雄(右)

作品展示を行った精密機械技術科の学生

 「簡易3Dスキャナー装置の製作」
  精密機械技術科2年 吉田重徳

○機械加工技術コンテスト

旋盤加工競技     精密機械技術科1年 坂井励都  結果:優秀賞

旋盤加工競技に参加した精密機械技術科学生

 精密機械技術科1年 浜砂宏彰

フライス盤加工競技 

フライス盤加工競技に参加した精密機械技術科学生

 精密機械技術科1年 川上聖也、横田智幸(奥)

○ロボット競技会

ロボット競技会の大会の様子の写真 ロボット名「Karon」電子システム技術科2年  池上史人、永田樹、櫨川絢斗、三浦考博

  (写真はロボット競技の模様)

ロボット競技会に参加した機械システム技術の学生の写真 ロボット名「ルートヴィッフィ」機械システム技術科2年 橋本昂季、松岡政宗、宮内健斗

ロボット競技会に参加した電子システム技術科学生の写真 ロボット名「Pacro」電子システム技術科1年 牛島大志、中村綾花、原永美咲

校長、副校長との記念写真 

里中校長、谷川副校長と(ロボット競技会参加選手と指導教官の江口准教授、田崎准教授)