ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

学校設備

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年1月10日更新

緑の中の学習環境、セミコンテクノパーク

セミコンテクノパ-クは、約96ヘクタールの広大な敷地の中に地域企業と誘致企業(先端技術産業)が受発注をとおして技術力を高め、新分野の開拓や新製品の開発等を行うことができるような「起業化のための活動拠点」を建設するものです。
いわば、熊本の技術力向上ヘ向けて活躍する優れた企業や人材が集まる場所だといえるでしょう。
県立技術短期大学校は、そんな我が県有数の先端技術開発・研究の集約の場の中に立地しています。
この緑ゆたかなニューファクトリーパーク。ぜひこの恵まれた環境のもとで、充実した学生生活を過ごしてください。
 

1.敷地面積

  約6ha(うちキャンパス部分4ha)

2.延床面積

  約12,000平方メートル(H15.4.1現在)

3.施設内容

  本部棟、実習棟(4棟)、学生ホール、在職者セミナー棟、講堂・体育館等

4.施設の特徴

  1. 緑豊かな教育環境のもと、最新のテクノロジーを学ぶにふさわしい近代的な施設とする。
  2. 情報化の進展等、将来の技術革新に対応できる機能性を有した施設とする。
  3. 身障者を含めた多数の利用を念頭に置いた「やさしいまちづくり」に配慮した施設とする。

キャンパス施設全体図

キャンパス施設全体図の画像

  • 本部棟
  • 学生ホール
  • 実習棟
  • 講堂/体育館
     
本部棟

一般教室や視聴覚室、図書室などの教室部分のほか、校長室や事務室などの管理部分があります。一般の授業や各種の事務手続きを行うなど、頻繁に利用するブロックです。

本部棟の画像1本部棟の画像2本部棟の画像3

学生ホール

陽光あふれる吹き抜けの空間が気持ちよい、学生のためのリラックスゾーンです。  

学生ホールの画像1学生ホールの画像2学生ホールの画像3

実習棟

5つの専門課程の実験・実習室があるブロックで、面積約8700m2と本学最大の建物です。A・B・C・Dの4つの棟に分かれており、各室にはコンピュータを始めとする最新鋭の設備が設置されています。

   実習棟の画像1実習棟の画像2

実習棟の画像4実習棟の画像4

講堂/体育館

普段は体育館としてスポーツを楽しむことができます。
また、ステージや可動椅子も備えており、講演などの催しなどが行われる際には、講堂としても活用されます。
講堂/体育館の画像講堂/体育館の画像2