ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

業績の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2006年1月10日更新

 2002年度(平成14年度) 日本機械学会 教育賞

業績

教科書「わかりやすい機械工学」による機械工学初心者教育の効果促進

受賞者

松尾哲夫 元 熊本県立技術短期大学校 校長
松野善之 崇城大学工学部 教授
日野満司 熊本県立技術短期大学校 助教授
柴原秀樹 西日本工業大学 教授
野田敦彦 元 崇城大学工学部 教授

内容

 一般に機械工学は範囲が広く地味で分かりにくい分野であると思われがちであるため、これから特に機械工学・技術を学ぼうとする人に、いかにして分かり易く興味深く教えるかという教育方法の工夫が大変重要と思われる。
 このような観点から、本書(わかりやすい機械工学、平成10年、森北出版)では、機械工学系学部学生や若手技術者および短大・高専、専門学校生、ならびに物理、化学、医療関連の学生や技術者、あるいは産業・経済・環境に携わる一般社会人を対象として、機械工学の基礎や最近の技術が体系的に分かりやすく述べられている。本書の内容としては、材料力学、流体力学、機械設計・製作法等を含め計11章から構成されているが、特に新たな分野として「メカトロニクス」と「機械に関する情報処理」を設けている。このように基礎から応用を偏りなくかつある程度のレベルを維持した内容となるように工夫が凝らされ、また、各著者の専門を活かした独創的かつ斬新な資料も多く取り入れた実践的価値の高い内容となっている。
 ちなみに、本書は大学、短大、専門学校用教科書として、また企業での技術セミナ-や就職・資格試験等の参考書として広く利用されている。