熊本県立技術短期大学校トップへ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

学生面談会を開催しました!

最終更新日:
面談会の写真

1年生を対象とした学生面談会を3月14~15日、本校体育館で開催しました。

就職対策として1年の早い時期からインターンシップや業界の勉強会等を行っていますが、この学生面談会を皮切りに就職活動が本格化します。

本校主催のこの学生面談会に参加された企業は146社。以前は1日だけでしたが、多くの企業の要望に応えるため現在は2日間に分けて午前・午後の計4回開催しています。面談は各々のブースごとに行われ、30分ごとに違うブースに移ります。学生は事前に求人票や資料で目当ての企業を調べ、全員スーツを着用して、先方に失礼の無いよう心掛けました。

会社概要の説明を聞いた後、学生から質問を行います。会社の方々も学生に対してビジュアルに訴えるため、PCやプロジェクター等を持参して説明されています。

このような面談は学生にとって初めての経験であり、最初は名刺交換もぎこちなく緊張していましたが、段々とコミュニケーションが取れるようになってきました。

各学科の学生は、次のとおり感想を述べていました。

(精密機械技術科・多田隈瑞貴)

技大では「熱間鍛造」は学びましたが、名称だけは聞いたことがある「冷間鍛造」の技術を持っている会社に興味を持ちました。勉強している知識が企業で生かされていることを実感しました。また、産休や育休制度を充実させている企業が多いことも心強く感じました。最初の勤務地は県外でも良いのですが、将来は熊本で働きたいので、熊本県内に事業所がある企業への就職を希望しています。

学生の写真

(機械システム技術科・岩根 剛)

HPや求人票だけでは分からない生の情報を知ることができました。学校でこのような機会を提供してもらい、とても良かったです。話を聞いた企業の中では、従業員3人の企業でも素晴らしい技術を持って成功している企業に一番興味を持ちました。設計製図を勉強しているので、その技術を生かせる企業へ就職したいと考えています。

学生の写真
(電子システム技術科・柿本 陸)
技大で勉強しているプログラミングや電子回路の両方を生かせる会社があって、とても興味深く感じました。このように多くの会社に学校に来てもらえるのは大変ありがたいと思いました。数多くの企業から求人が来ているので、これから色んな会社を調べてみて就職先を考えてみます。学生の写真

(情報システム技術科・藤木美里)

半導体の前工程を検査する装置を製造している会社に興味を持ちました。情報システム技術科ではプログラミングだけでなく、半導体についても学んでいたので、就職先の幅が広がっていると感じました。また、休日の多さだけでなく、育児休暇制度や時差出勤制度など女性も働きやすい環境をアピールしている会社も多く、大変興味を惹かれました。出来れば県内企業に就職したいと考えています。

学生の写真

企業側からは、「求人が厳しい状況にある中、多くの学生と面談することができた。学校でこのような場を設けてもらうのはとてもありがたい。昨年に引き続き、県技大からも採用していきたい。」等の声が聞かれました。

これから就職活動は夏場までが勝負です。学生は大変ですが、本校では持てるノウハウを全て提供して、希望する企業へ就職できるよう、全力でサポートしていきます。 

ちなみに、平成30年度も就職率100%で、約7割の学生が県内企業に内定しています。

面談会の写真
(全体写真)
挨拶する里中校長の写真名刺交換する学生の写真
(里中校長挨拶)(名刺交換から)
企業の説明を聴く学生の写真企業の説明を聴く学生の写真
(ビジュアルに説明)(一列5社×7列)
このページに関する
お問い合わせは
(ID:484)
熊本県立技術短期大学校
電話番号096-232-9700
〒869-1102  熊本県菊池郡菊陽町大字原水4455-1
Copyright © 2020 Kumamoto Prefectural College of Technology.All Rights Reserved