ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学科・組織別メニュー > 総務学生課 > IoTイノベーションリーダー研修開催 ~ 情産協との包括連携協定に基づく連携事業 ~

IoTイノベーションリーダー研修開催 ~ 情産協との包括連携協定に基づく連携事業 ~

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月10日更新

本年6月27日に情産協(一般社団法人 熊本県情報サービス産業協会)と本校は包括連携協定を締結しました。その協定の基づく連携事業として、10月3日から「IoTイノベーションリーダー研修」が約半年にわたって実施されます。

 この研修は、デジタルトランスフォーメーション(DX)時代に向けてのイノベーションリーダーを育成するもので、2つのグループに分かれて、全部で6回研修が行われます。

 研修は、各企業が実際に抱える課題を持ち寄り、ワークショップ形式にて、ラズベリーパイ(Raspberry Pi)を使用してIoTプロトタイプの作成を行います。また、最終回では成果発表会を予定しており、企業関係者も参加します。

情産協の会員からは6社10名が参加しており、当校からは、江口教授(電子システム技術科)、田崎教授(機械システム技術科)、糸川准教授(情報システム技術科)が講師を務めています。初回は、里中校長が「DXを実現するIoT,DB,AIの動向 産学官の動向」について、講演を行いました。

里中校長の講演の写真研修の様子の写真
(里中校長の講演)(6社10名が参加)