熊本県立技術短期大学校トップへ
文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白

若年者ものづくり競技大会・銅賞・敢闘賞!今年も頑張りました

最終更新日:

 「若年者ものづくり競技大会」は、ものづくりを学んでいる若年者に目標を付与し、技能を向上させることにより若年者の就業促進を図り、併せて若年技能者の裾野の拡大を図ることを目的としています。

大会参加は、本校等で技術・技能を学ぶ20歳以下の若年者が対象です。

大会は7月29日~8月2日の間に、福岡県の会場で15職種の競技が行われ、本校からは3職種5名の学生が出場しました。

参加選手は4月から練習を開始し、大会直前には休日返上で毎日練習に取り組みました。この努力の結果、2職種で入賞することができました。

職種および出場者
旋   盤:精密機械技術科2年   後藤大輝(敢闘賞)
精密機械技術科2年   東佑樹 
フライス盤:精密機械技術科2年   高木恵吾(銅賞)
精密機械技術科2年   宮田祥吾
機械製図(CAD): 機械システム技術科2年   坂本志織
入賞

入賞:  後藤選手(敢闘賞)  高木選手(銅賞)

集合写真
旋盤・フライス盤会場にて

 

 

・旋盤競技

制限時間の3時間で円柱・円筒形の二つの部品を製作します。0.01mmの寸法精度が要求されます。

選手の写真選手の写真
後藤選手(競技中)東選手(競技中)
製作した課題の写真
課題製品

 ・フライス盤

制限時間の3時間で四角い二つの部品を製作します。0.01mmの寸法精度が要求されます。

選手の写真選手の写真
高木選手(競技中)

宮田選手(競技中)

製作した課題の写真
課題製品
  

・機械製図(CAD)

制限時間の3時間半で組立図から部品図を抜き出し、CADにより図面を製作します。JISに基づいた機械製図の幅広い知識が要求されます。

 
選手の写真開会式の選手の写真

開会式での決意表明

会場前にて 

選手の写真
坂本選手(競技中)

                                                           

                                                

 

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:421)
熊本県立技術短期大学校
電話番号096-232-9700
〒869-1102  熊本県菊池郡菊陽町大字原水4455-1
Copyright © 2020 Kumamoto Prefectural College of Technology.All Rights Reserved